« 野の草花の名前 | トップページ | 4/23(火)13:00〜にこぱんさんの販売があります☆ »

2013年4月21日 (日)

4/24(水)19:00〜「望仙荘」マリオとはる×モスリン ディナーショー ~鼻笛とボサノバの夜~

お隣の山小屋カフェ望仙荘さんのイベントのお知らせです!

昨年kiwiでも鼻笛教室&ライブできていただいた、鼻笛の
プロ奏者のモスリンさんがまた来て下さいますよ。

今回は「マリオとはる」さんと一緒で、さらに望仙荘のおいしい
ごはん付きのディナーショーです♪
オープニング演奏の「雑人」の池山さんは、kiwiで販売させて
いただいている木製の鼻笛作家さんです。
鼻笛に興味のある方はぜひご参加くださいね。
鼻笛のコツ等も教えて頂けると思いますよ。

以下望仙荘さんのブログより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「望仙荘」マリオとはる×モスリン ディナーショー
      ~鼻笛とボサノバの夜~

 2013年 4月24(水) 19:00~
*場所 「望仙荘」 三重県亀山市安坂山町1191-18
*料金 3500円……望仙荘ディナー(プチデザート+番茶付き)
              ご希望の方は、飲み物を追加オーダーできます

プログラム(都合で少々変更することがあります)
18:30 開場
19:00 オープニング演奏:「雑人(ざっと)」・配膳準備
19:20 お食事開始予定・「マリオとはる」・「モスリン」の演奏
21:30ころ 終了予定

(駐車場あります)
 予約・お問い合わせ:望仙荘……0595-85-1613
または、090-1097-5606(池山)
Facebookのイベント
http://www.facebook.com/events/189539561193762/

演奏…マリオとはる(丸山祐一郎・こやまはるこ)
   モスリン
   雑人(ざっと)(オープニング)

ミュージシャンプロフィール
●雑人(ざっと)(津市、松阪市)
 大工職でもある、宇佐美守峰(G・Voほか)、池山琢馬(G・Voほか)の2人組。
 さまざまな社会問題や人類愛を取り上げ、歌にしているようで、実は単なる自己満足でしかないかもしれな  いという、不思議なユニットである(笑)。
 名前の由来は、昔「ぞうにん」と呼ばれ、身分階級にさえ入れてもらえなかった、そういう人たちのことを偲  び、右でも左でもない、常に「下」に位置し続けたいという思いから。
 丸山祐一郎、こやまはるこ とも親交が深い。


--------------------------------------------------------------------------------

●モスリン(埼玉県鶴ヶ島市)
 1951年生まれ
 2007年、飯能市東吾野にある久須美陶房で初めて鼻笛という楽器に出会う。穴が2個だけという単純な構造にもかかわらず3オクターブ以上の音域を持つという驚異的な楽器に魅せられ普及活動を開始。
 なじみ深い懐かしいポップス、童謡、演歌からクラシック、あるいは鼻笛用オリジナル楽曲まで幅広いジャンルの演奏を届ける。
  テレビ、”誰も知らない泣ける歌””ぶらり途中下車の旅” ”はなまるマーケット””お元気ですか 日本列島” ラジオ”吉田照美ソコダイジナトコ” ”世の中面白研究所””薬師丸ひろ子ハートデリバリー” 映画”スープ 生まれ変わりの物語” 読売新聞、東京新聞、中日新聞、日本経済新聞その他マスコミ関係紹介多数。

--------------------------------------------------------------------------------

●「マリオとはる」(長野県飯山市)

・丸山祐一郎
 日本では希少なビリンバウ奏者でもあり、ボサノバギタリスト。妻の こやまはるこ とのライブは全員参加型。
 愛車にギターと40以上の民族楽器を満載して全国どこへでも出かけていく。
 音楽を通して時空を超えた出会いをつなげ、「みんなのこころに虹をかける!!」を実践中。

・こやまはるこ
 日本デザイン書道作家協会正会員。
 筆文字のデザイナーとして、筆文字ならではの"心の表現"を大切にしながら、筆文字のロゴ制作や、ナチュラルな素材にこだわった暮らしを彩る書作品を創作している。
 また、夫の丸山祐一郎とともに<旅の音楽家>としてデュオでギターを奏で活躍する音楽家でもある。
 今年春に、筆文字による絵本「この足あとなーに?」(詳細下記)を出版。
--------------------------------------------------------------
★この足あとなーに?★   日本の文字は絵でもあった。
  子どもたちから大人まで文字をアートで感じたい筆文字絵本
  2012年 3月16日発刊
  第12回わたぼうし文学賞【金賞受賞作品】
  筆文字で描くあったかくて美しい春の物語
    作・遠藤悦夫
    筆文字アート・こやまはるこ
    出版元:オフィスエム(長野県)
      A4判変形上製 64ページ
      2,000 円(税込価格2,100 円)


|

« 野の草花の名前 | トップページ | 4/23(火)13:00〜にこぱんさんの販売があります☆ »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/24(水)19:00〜「望仙荘」マリオとはる×モスリン ディナーショー ~鼻笛とボサノバの夜~:

« 野の草花の名前 | トップページ | 4/23(火)13:00〜にこぱんさんの販売があります☆ »